記事一覧

『十六世紀史論叢』第2号を刊行しました

☆『十六世紀史論叢』第2号を刊行しました

 『十六世紀史論叢』第2号(124ページ)を刊行しました。申込方法は、次の2種類になりますので、よろしくお願い申しあげます。この機会にバックナンバーの購入を含めてご検討くださいませ。

【誌代】
誌代1,000円(送料込み) ※複数冊の場合は、冊数×1,000円になります。

【申込方法①/銀行振込】
 銀行振込を希望の方は、私までメールをください<watanabe.daimon■peach.plala.or.jp(■は@)>。折り返し銀行の口座番号をお知らせします。振り込まれましたら、私までメールをいただけると幸いです。

【申込方法②/郵便小為替】
 申込に際しては、①必要な号数を記したメモ、②金額分の郵便小為替を同封し、下記まで郵送してください。

◆送り先◆
〒272-0804 市川市南大野2-4 A棟―604号室 渡邊大門

【『十六世紀史論叢』第2号(2013.10)目次】在庫あり

赤坂 恒明「天正四年の『堂上次第』について ―特に滅亡前夜の北畠一門に関する記載を中心に─」
小 川  雄「慶長年間の浦賀貿易について ―その実現から破綻まで―」
谷口 雄太「足利氏御一家補考三題」
中 脇  聖「土佐一条兼定権力の特質について」
渡邊 大門「中世後期における摂津国八部郡白川村の在地構造」

【『十六世紀史論叢』創刊号(2013.3)目次】在庫あり
論 説
神田 裕理 慶長期の公武関係 ―昵近衆(じっきんしゅう)の成立をめぐって―
今福  匡 関ヶ原合戦前後の上杉氏と情報伝達 ─情報伝達経路と「上方散々」の解釈─
赤坂 恒明 元亀二年の『堂上次第』について ─特に左京大夫家康(三川 徳川)に関する記載を中心に─
石渡 洋平 戦国期下総国分氏における矢作惣領家と庶流
渡邊 大門 天正十年三月における羽柴秀吉禁制をめぐって
書評と紹介
市野澤 永 菅野郁雄著『戦国期の奥州白川氏』

☆『年報赤松氏研究』在庫一掃セール

 赤松氏研究会から十六世紀史論叢刊行会への発展的な解消に伴って、バックナンバー(3~5号)の在庫一掃セールを行います。値段は下記のとおりです(送料無料)。この機会にまとめてお買い求めください。なお、『十六世紀史論叢』と組み合わせて購入いただいてもOKです。よろしくお願いします。

☆1冊 800円   ☆☆2冊 1,500円   ☆☆☆3冊 2,000円

詳細は → http://wdaimon.blog4.fc2.com/blog-entry-2.html

第64回『実隆公記』を読む会

第64回『実隆公記』を読む会

下記の要領で、開催いたします。よろしくご参集ください。

日時:2013年12月14日(土) 14:00~
場所:就実大学 附属図書館 3階スタディ・ルーム
担当:辰田芳雄氏(岡山朝日高校)
内容:文明11年正月17日条~

※テキストは、当日配布します。

その他:終了後は懇親会を予定しています。

☆データ配信中!!
『実隆公記』文明6年~9年条の注釈を作成しました。
無料でデータを配信しておりますので、ご希望の方は下記までご連絡ください。

http://www.shujitsu.ac.jp/huzokushisetsu/huzokushisetsu_kibiken/10154.html

悪党研究会11月例会

《悪党研究会11月例会》

【日時】11月29日(金)18:30~
【会場】調布市文化会館「たづくり」301会議室
【報告者】山野龍太郎氏
【タイトル】三尾谷(美尾屋)氏の実像
【コメント】美尾屋十郎は、源平合戦で活躍した武士として『平家物語』に描かれているが、その実像については歴史的にほとんど明らかになっていない。本報告では、この三尾谷(美尾屋)氏について、埼玉県川島町に本領があった御家人として、武士論の立場から位置づけを試みたいと思う。
【参考文献】伊藤邦彦「比企能員と初期鎌倉幕府」(同『鎌倉幕府守護の基礎的研究【論考編】』岩田書院、2010年)、市史編さん課編『東松山市の歴史』上巻、(東松山市、1985年)

中世史研究会11月例会

《11月例​会》

 報告者:亀田 俊和 氏

 題目:「足利直義下文の基礎的研究」

 日時:2013年11月29日(金)
    18: 30~21:00 (開場18:00) 

 会場:ウインクあいち 10階1004会議室
(JR名古屋駅桜通口から、ミッドランドスクエア方面へ徒歩5分)

※当日は例会に先立ちまして、臨時総会を行います。


中世史研究会
http://blog.goo.ne.jp/chuseishi

寺院史研究会

寺院史研究会

【日時】 11月30日(土曜)午後3時~
【場所】 学習院大学 東1号館908号室
     *14時50分に JR目白駅 改札前に集合
【報告者】 川崎一輝氏
【題目】 行基と家原寺について

吉備地方文化研究所 古代地域史フェスタⅢ 歴史シンポジウム「歴史考古学の現在」

下記の要領で、古代地域史フェスタⅢを開催します。

参加無料、事前申し込みは不要です。


吉備地方文化研究所 古代地域史フェスタⅢ
歴史シンポジウム「歴史考古学の現在」

2013年11月30日(土) 13:00~

於 就実大学 附属図書館5階 AVホール

報告

苅米 一志(就実大学)       「導入と紹介」

大塚 紀弘(法政大学)       「中世の石塔と梵字信仰」

中井 淳史(大手前大学史学研究所) 「中世土師器の機能と生産体制」

山川 均(大和郡山市教育委員会)  「中世の石造物とその調査について」

※あくまで予定です。報告内容などは、予告なく変更することがあります。ご了承ください。


お問い合わせは、Eメールでお願いいたします。

kari@shujitsu.ac.jp

報告者紹介

大塚紀弘 法政大学 文学部 史学科 講師。博士(文学)(東京大学)
・中国仏教が平安~鎌倉時代の日本仏教に与えた影響を、貿易・政治・教学など多様な視点から研究する。「鎌倉新仏教」「顕密仏教」という従来の概念に対して、「中世禅律仏教」という新たな概念を提唱する。
主要著作・論文 『中世禅律仏教論』(単著。山川出版社、2009年)、「唐船貿易の変質と鎌倉幕府―博多綱首の請負から貿易使の派遣へ」(『史学雑誌』121(2) 、2012年)、「宝篋印塔源流考―図像の伝来と受容をめぐって」(『日本仏教綜合研究』10 、2012年)

中井淳史 大手前大学 史学研究所 研究員。博士(文学)(京都大学)
・中世土器・土師器の生産と用法について、文献資料との照合を行ないつつ、総合的に研究する。特に遺物を儀礼の過程に位置付ける研究は、考古学界でも出色の方法である。
主要著作・論文 『日本中世土師器の研究』(単著。中央公論美術出版 2011年 )、「土器の名前―中世土師器の器名考証試論」(『日本史研究』483、2002年)、「土師器生産体制変容の一齣―中世末期の出雲東部地域を中心に」(『中世土器研究論集』中世土器研究会、2001年)

山川 均 大和郡山市 教育委員会 主任。博士(文学)(奈良大学)
・中世石造物の形態研究から、伝播論や職人論にまで及ぶ視野の広さをもつ。近年では、中国の寧波地域から日本への技術伝播について、旺盛な研究活動を展開している。
主要著書・論文 『平安京の謎』(共著。ナカニシヤ出版、2013年)、『日本石造物辞典』(編集代表。吉川弘文館、2012年)、『寧波と宋風石造文化』(編著。汲古書院、2012年)、『石造物が語る中世職能集団』(単著。山川出版社、2006年)、『中世石造物の研究』(単著。六一書房、2008年)

http://www.shujitsu.ac.jp/huzokushisetsu/huzokushisetsu_kibiken/11600.html

第63回『実隆公記』を読む会

第63回『実隆公記』を読む会

下記の要領で、開催いたします。よろしくご参集ください。

日時:2013年11月16日(土) 14:00~
場所:就実大学 附属図書館 3階スタディ・ルーム
担当:辰田芳雄氏(岡山朝日高校)
内容:文明11年正月6日条~
※テキストは、当日配布します。

その他:終了後は懇親会を予定しています。

☆データ配信中!!
『実隆公記』文明6年~9年条の注釈を作成しました。
無料でデータを配信しておりますので、ご希望の方は下記までご連絡ください。
http://www.shujitsu.ac.jp/huzokushisetsu/huzokushisetsu_kibiken/8239.html

鎌倉遺文研究会第194回例会

   鎌倉遺文研究会第194回例会の御案内

次回例会を下記の通り開催いたします。皆様奮ってご参加くださいますよう
お願いいたします。

*****************************************************
    鎌倉遺文研究会第194回例会の御案内

日時:2013年10月24日(木)18:00~
場所:早稲田大学文学学術院39号館6階第7会議室
報告者:工藤祐一氏
題目:初期六波羅探題の特質と訴訟
[報告者の一言]
六波羅探題の成立は、鎌倉幕府の政策や訴訟制度にどのような
影響を与えたのか論じたい。
(参考文献)
佐藤進一『鎌倉幕府訴訟制度の研究』(岩波書店、1993年)
熊谷隆之「六波羅における裁許と評定」(『史林』85巻6号、
2002年)
森幸夫『六波羅探題の研究』(続群書類従完成会、2005年)
*******************************************************

《事務局》 〒162-8644
       東京都新宿区戸山1-24-1
       早稲田大学文学学術院 海老澤衷研究室内
       鎌倉遺文研究会
       E-mail:ibun-ken-admin@list.waseda.jp

《お問い合わせ》 海老澤衷 E-mail:ebisawa@waseda.jp

悪党研究会10月例会

《悪党研究会10月例会》
【日時】10月25日(金)18:30~
【会場】調布市文化会館「たづくり」12階1202会議室

【報告者】関口崇史
【タイトル】南北朝内乱と醍醐寺
【コメント】鎌倉時代後期に端を発した醍醐寺内の法流をめぐる争いは、南朝側・北朝側に分かれ対立を深める。また、醍醐寺は鎌倉幕府以来より武家の祈祷を行っている寺院であると主張する。本報告では、南北朝期における醍醐寺の内部対立の実態と鎌倉幕府から続く武家護持の連続性という視点から考察したい。
【参考文献】辻善之助「両統対立の反映としての三宝院流嫡庶の争」(『日本仏教史之研究』3、金港堂書籍、1931年)、網野善彦『異形の王権』(平凡社、1986年)、永村眞「醍醐寺報恩院と走湯山密厳院」(『静岡県史研究』6、1990年)、笠松宏至「僧の忠節」(『法と言葉の中世史』平凡社、1993年)、大田壮一郎「室町殿の宗教構想と武家祈禱」(『ヒストリア』188、2004年)、森茂暁「三宝院賢俊について」(『中世日本の政治と文化』思文閣出版、2006年)、内田啓一『後醍醐天皇と密教』(法蔵館、2010年)、藤井雅子「南北朝の動乱と醍醐寺-主に報恩院隆舜を通して-」(永村眞編『醍醐寺の歴史と文化財』勉誠出版、2011年)

千葉歴史学会中世史部会10月例会

中世史部会10月例会のご案内
日時:2013年10月14日(祝・月)14時30分開始

ご報告:阪田雄一氏「鎌倉将軍府成立考」

会場:千葉市蘇我勤労市民プラザ3階第3講習室
JR蘇我駅西口から徒歩4分です。ご参加予定の方は事前に石渡までご連絡ください。

※例会終了後、懇親会を開催いたします(蘇我駅東口近辺で予定しています)。懇親会のみのご参加も大歓迎です。参加予定の方は石渡までご一報ください。

※連絡先:090-3549-8040(石渡携帯)
      :y.6162.ishiwata★kjb.biglobe.ne.jp(石渡)
★を@にかえてご連絡ください。


千葉歴史学会
http://chibareki.blog.fc2.com/