記事一覧

悪党研7月例会

悪党研各位

今週11日(金)に予定しておりました悪党研7月例会は台風8号の関東への接近が予想されますので延期いたします。
日程は25日(金)に変更したします。
突然の変更でございますが何卒ご了承ください。時間は同じですが、部屋が変更になりましたのでご注意ください。

【日時】7月25日(金)18:30~
【会場】調布市文化会館「たづくり」303会議室
【報告者】牡丹健一
【タイトル】南北朝内乱期における和泉国松尾寺の実像-惣講師職相論の再検討を中心に-(仮)
【コメント】和泉国松尾寺に注目することで、南北朝内乱を松尾寺がどのように対応したのかについて、
護良令旨の分析による倒幕の具体的活動、近隣の薬師堂との惣講師職をめぐる相論から検討してみたいと思う。
【参考文献】
追塩千尋 1996「第二編 中世国分寺の動向」『国分寺の中世的展開』、吉川弘文館、
茨木一成 1976 「令旨の世界-建武元年五月「松尾寺住侶等言上状案」について」、大阪歴史学会編『中世社会の成立と展開』、吉川弘文館、

鎌倉遺文研究会第202回例会の御案内

会員の皆様

梅雨明けが待たれるこの頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。
さて、次回例会のお知らせです。下記の日程で開催いたしますので、
万障お繰り合わせの上、ご参会の程をお願い申し上げます。
  
****************************************************
鎌倉遺文研究会第202回例会の御案内

日時:2014年7月24日(木)18:00
場所:早稲田大学文学学術院39号館6階第7会議室
報告者:海老澤衷
題目:備中国新見荘の下地中分における一円・入り組みと鉄生産
[報告者の一言]
 備中国新見荘では、鎌倉時代後期に下地中分が行われた。領
家方(西方)、地頭方(東方)の領域は変遷を遂げつつ、室町
期に至るまで残存した。新見荘現地調査の成果を踏まえ、その
仕組みを考察し、あわせて鉄生産との関係を検討してみたい。
*****************************************************
《事務局》
〒162-8644
   東京都新宿区戸山1-24-1
   早稲田大学文学学術院海老澤研究室気付
   鎌倉遺文研究会(ibun-ken-admin@list.waseda.jp
《海老澤衷研究室》(ebisawa@waseda.jp

第70回 『実隆公記』を読む会

第70回 『実隆公記』を読む会

下記の要領で開催いたします。よろしくご参集ください。

日時:2014年7月12日(土) 14:00~
場所:就実大学 附属図書館 3階スタディ・ルーム
講師:辰田芳雄氏(岡山朝日高等学校)
内容:文明11年6月1日条~
※テキストは当日配布します。
その他:終了後は懇親会を予定しています。

☆データ配信中!!
『実隆公記』文明6年~9年条の注釈を作成しました。
無料でデータを配信しておりますので、ご希望の方は下記までご連絡ください。
http://www.shujitsu.ac.jp/huzokushisetsu/huzokushisetsu_kibiken/10154.html

江戸川区小松川図書館講演会「オモシロ説話でひもとく仏教~中世仏教説話の不思議な世界~」

江戸川区小松川図書館講演会
オモシロ説話でひもとく仏教
~中世仏教説話の不思議な世界~

日本中世宗教史を研究されている生駒哲郎氏を迎えて、
中世の仏教説話をいくつかの歴史資料を用いて簡単に
わかりやすく解説いたします。

日時 2014年7月6日(日)14:00~15:30

会場 小松川図書館 3階 視聴覚室
講師 生駒哲郎
専門:日本中世文化史
所属:東京大学史料編纂所史料情報管理チーム非常勤職員
日本史史料研究会代表

対象 中学生以上
定員 30名

申込方法 平成26年6月11日(水)9時から小松川図書館カウンターまたはお電話にて受付
※車椅子をご利用の方は、事前にご相談ください。

[主催・お問合せ先]小松川図書館 TEL:03-3684-6381


江戸川区立小松川図書館行事案内
http://www.library.city.edogawa.tokyo.jp/toshow/event_guide/html/komatsugawa.html

江戸川区立小松川図書館
http://www.library.city.edogawa.tokyo.jp/toshow/introduction/html/komatsugawa.html

神奈川県立金沢文庫連続講座(県立機関活用講座)「中世後期の金沢・鎌倉」

神奈川県立金沢文庫
連続講座(県立機関活用講座)「中世後期の金沢・鎌倉」

 企画展「動乱の金沢」によせて、今まで紹介されることの少なかった室町時代~戦国時代の金沢・鎌倉についていろいろな角度から学ぶ機会を設けました。若手研究者も含む連続講座、ぜひご参加ください。

【日時】 平成26年7月5日~8月2日までの土曜日 全5回 各日 13時30分~15時30分


【演題・講師】

第1回 7月5日(土)
「室町時代の称名寺」
西岡 芳文(神奈川県立金沢文庫)
   
第2回 7月12日(土)
「室町時代から戦国時代へ」
黒田 基樹 氏 (駿河台大学)
   
第3回 7月19日(土)
「扇谷上杉氏家臣と六浦・金沢」
盛本 昌広 氏 (歴史研究家)
   
第4回 7月26(土)
「『鎌倉大草紙』の世界」
呉座 勇一 氏 (立教大学)
   
第5回 8月2日(土)
「関東公方足利氏と鎌倉・金沢」
阿部 能久 氏 (鎌倉国宝館)
   
※受講いただく方は、8月17日まで開催の企画展「動乱の金沢」を2回、自由見学することができます。

【会場】  金沢文庫地下大会議室

【定員】  100名(お申し込み多数の場合は抽選となります。)

【参加費】 5,000円(初日前納)

【申込】  6月24日(火)までに、往復葉書に「連続講座(中世後期の金沢・鎌倉)希望」、住所、氏名、電話番号を記入の上、お申し込みください。
 (お一人様につき葉書一枚でお願いいたします。)


神奈川県立金沢文庫

神奈川県立金沢文庫企画展「動乱の金沢 ~南北朝から戦国時代まで~」

神奈川県立金沢文庫
企画展「動乱の金沢 ~南北朝から戦国時代まで~」

元弘3年(1333)5月、鎌倉幕府の滅亡によって内乱の時代が幕を開ける。 東国の首府であった鎌倉は権力争奪戦の舞台となり、金沢・六浦の地も巻き込まれることになった。 本展示では、古文書や記録を中心にして、今まで脚光を浴びたことのない南北朝時代から戦国時代の金沢の歴史をたどり、 この地の支配をねらった権力者と、戦乱の中でたくましく生きた人々の姿を浮き彫りにする。

主催 神奈川県立金沢文庫
協力 横浜市金沢区役所
会場 神奈川県立金沢文庫
会期 平成26年6月26日(木)~8月17日(日)
休館日 毎週月曜日(ただし、7月21日は開館)、7月22日
観覧時間 午前9時~午後4時30分(入館は4時まで) 
交通 京浜急行「金沢文庫」駅下車徒歩12分(品川より快特33分)
JR根岸線「新杉田」駅接続、シーサイドライン「海の公園南口」駅下車徒歩10分


神奈川県立金沢文庫
http://www.planet.pref.kanagawa.jp/city/kanazawa.htm

第30回室町期研究会例会

第30回室町期研究会例会のお知らせ

【日時】 6月27日(金) 18:30~

【場所】 学習院大学 東1‐801教室

【報告者】 鈴木 沙織氏

【題目】 『快元僧都記』天文二年十月二十八日条についての検討

【参考文献】
・佐藤博信「『快元僧都記』の世界像」『日本歴史』523号、1991年
・谷口雄太「武蔵吉良氏の散在所と関係地域」『品川歴史館紀要』24号、2009年

※参加資格はございません。どなたでもご参加いただけます。
 なお、当日資料代として100円いただきます。

室町期研究会公式ブログ
http://muromachikiken.cocolog-nifty.com/blog/

鎌倉遺文研究会第201回例会

   鎌倉遺文研究会第201回例会の御案内

日時:2014年6月26日(木)18:00
場所:早稲田大学文学学術院39号館6階第7会議室
報告者:加々美拓也氏
題目:末期鎌倉幕府裁判における庭中
[報告者の一言]
 14世紀初頭に庭中が訴訟手続のひとつとして確立したこと
を指摘し、訴訟の場でいかに用いられたかを考察した上で、
「入門」審理との関係から庭中制度の史的意義を明らかにする。


*****************************************************

《事務局》〒162-8644
        東京都新宿区戸山1-24-1
        早稲田大学文学文学学術院海老澤研究室気付
        鎌倉遺文研究会
        〈e-mail〉ibun-ken-admin@list.waseda.jp

 ※入会希望の方は上記の事務局までハガキまたはメールにてお知らせ下さい。会費は3000円(ハガキにて例会通知を受け取りたい方は3500円)です。振り込み口座(貯金事務センター)は下記の通りです。
     〈00140-5-14681 加入者名:鎌倉遺文研究会〉

           《お問い合わせ》海老澤衷
             〈e-mail〉ebisawa@waseda.jp

就実大学 吉備地方文化研究所 特別企画 講演会

就実大学 吉備地方文化研究所 特別企画 講演会

特別企画 講演会
下記の要領で、講演会を開催します。
貴重な機会ですので、ぜひご来聴ください。
日時:2014年6月21日(土) 14:00~
場所:就実大学 A館201会議室
講師:佐伯 智広氏(摂南大学)
演目:「中世貴族社会における女性の役割」
※聴講無料、申し込み不要
http://www.shujitsu.ac.jp/huzokushisetsu/huzokushisetsu_kibiken/12707.html

第69回 実隆公記を読む会

第69回 実隆公記を読む会

下記の要領で開催いたします。よろしくご参集ください。

日時:2014年6月28日(土) 14:00~
場所:就実大学 附属図書館 3階スタディ・ルーム
内容:文明11年5月1日条~
※テキストは当日配布します。
その他:終了後は懇親会を予定しています。

☆データ配信中!!
『実隆公記』文明6年~9年条の注釈を作成しました。
無料でデータを配信しておりますので、ご希望の方は下記までご連絡ください。
http://www.shujitsu.ac.jp/huzokushisetsu/huzokushisetsu_kibiken/10154.html