記事一覧

悪党研究会9月例会

各位

下記日程で悪党研究会9月例会を実施いたします。万障お繰り合わせの上、ご参加いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

《悪党研究会9月例会》
【日時】9月28日(金)19:00~
【会場】調布市文化会館「たづくり」303会議室
【報告者】櫻井彦氏
【タイトル】二通の「摂籙渡庄目六」をめぐって
【コメント】「九条家文書」に残された、標記目録の注記について検討してみたい。

第11回室町期研究会例会

2012年9月例会

第11回室町期研究会例会のお知らせです。

【日時】 9月28日(金) 18:30~

【場所】 学習院大学 東1号館801教室 

【報告者】 石原 比伊呂氏

【題目】 貢馬御覧にみる室町時代の公武関係

【参考文献】
・桃崎有一郎「初期室町幕府の執政と「武家探題」鎌倉殿の成立―「将軍」尊氏・「執権」直義・「武家探題」義詮」(『古文書研究』68 2010)

・池享「戦国・織豊期の朝廷政治」(『戦国・織豊期の武家と天皇』 校倉書房 2003)

室町期研究会公式ブログ
http://muromachikiken.cocolog-nifty.com/blog/

日本史史料研究会第10回例会報告

日本史史料研究会第10回例会報告

日 時:2012年10月27日(土) 14時~17時 

報告者:工藤祐一氏

論 題:「六波羅探題における訴訟行政の成立」

場 所:日本史史料研究会石神井公園研究センター
     (西武池袋線石神井公園駅より徒歩約8分)

石神井公園駅(南口)を右に出て、交番の横を右手に行くと石神井公園通りに出ます。
  石神井公園通りを左折して石神井池を通り越した、
  石神井公園第一駐車場の向かいにある、茶色の2階建てのビルの2階になります。


※どなたでも参加できます。

※資料代等:300円


[問い合わせ先] 日本史史料研究会 メール(nihonshi-shiryou@zpost.plala.or.jp


日本史史料研究会
http://www17.plala.or.jp/t-ikoma/index.html

日本古文書学会大会・総会

日本古文書学会大会・総会

平成24(2012)年度の大会・総会の詳細が決定いたしました。
万障お繰り合わせのうえ、ふるってご参加下さい。

■ 公開講演

9月22日(土) P.M.1:00から

聖武天皇による政治と救済

森本 公誠氏 (東大寺総合文化センター総長)

信長の安土 ―文書に見る天下人の拠点―

仁木 宏氏 (大阪市立大学大学院文学研究科教授)

■会場:奈良市水門町 東大寺総合文化センター(金鐘ホール) (〒630-8208 奈良市水門町100番地)

■ 総会

P.M.4:00から

■会場:奈良市水門町 東大寺総合文化センター

■ 懇親会

P.M.6:00から  会費…6,000円(当日受付)

■会場:奈良国立博物館レストラン 葉風泰夢 (ハーフタイム)

■ 研究発表

9月23日(日) A.M.9:30より(午前の部)

1. 「春日権現験記」詞書生成と集成の場 ―貞慶関係抄物を中心として―

坪内 綾子氏

2. 中世興福寺における「良家」の相承と門跡 ―東院「僧正憲信置文」を中心に―

高山 京子氏

3. 興福寺別当と「三度長者宣」

石附 敏幸氏

4. 近世前期村落における土地売買証文の一書式 ―北武蔵を事例に―

栗原 健一氏

5. 近世後期の内願と幕藩関係 ―熊本細川家の対鑓・先箱願一件を素材として―

山本 英貴氏

P.M.1:00より(午後の部)

6. 中世叙位制度の展開と叙位関連文書

佐古 愛己氏

7. 太政官符案の保管と利用 ―官文殿を中心として―

高橋 邦幸氏

8. 徳大寺家の家人組織と機能

佐伯 智広氏

9. 室町時代後期における東大寺の納所の活動について ―本僧坊供方を中心に―

畠山 聡氏

10. 中世京都における法華宗四条門流の動向

長崎 健吾氏

11. 戦国期毛利氏における「穂田」元清

石畑 匡基氏

12. 足利義昭による「当家再興」

水野 嶺氏

■会場:奈良市水門町 東大寺総合文化センター

※会員以外の方のご来場も歓迎します。
※会員以外の方は、1日目の公開講演会の入場は無料ですが、2日目の研究発表会は受付で参加費500円をお納めください。

■ 文書見学会

9月24日(月) A.M.10:00から (集合場所:東大寺総合文化センターロビー)

東大寺文書(「観応二年分文書勘渡帳」「黒田庄悪党交名」「戒壇院牛玉宝印起請文」)などの見学。

※参加費無料。
※見学会は、1日目・2日目の参加の会員に限らせていただきます。


日本古文書学会
http://komonjo.sakura.ne.jp/

悪党研究会8月例会

悪党研究会各位

下記日程で、悪党研究会8月例会を実施します。万障お繰り合わせの上、ご参会のほどよろしくお願いいたします。

《悪党研究会8月例会》
【日時】8月6日(月)18:30~
 ※通常とは日時が異なっておりますので、ご参会の際にはご注意下さい。
【会場】調布市文化会館「たづくり」303会議室
【報告者】高木徳郎氏
【タイトル】中世における山野の領有と生業秩序(再論)
【コメント】先のシンポジウムでは、時間の関係で十分に報告できませんでしたので、史料解釈を中心にご批判を頂ければ幸いです。
【参考文献】石上英一「西大寺と秋篠寺」(佐藤信『西大寺古絵図の世界』(東大出版会)所収)

日本史史料研究会第7回例会報告

日本史史料研究会第7回例会報告

日 時:2012年7月29日(日) 13時30分~17時 

報告者:矢嶋 翔氏

論 題:「「親王将軍-執権」体制考―足利尊氏の「将軍」僭称の前提として」

場 所:日本史史料研究会石神井公園研究センター
     (西武池袋線石神井公園駅より徒歩約8分)

 石神井公園駅を右に出て、交番の横を右手に行くと石神井公園通りに出ます。
 石神井公園通りを左折して石神井池を通り越した、石神井公園第一駐車場の向かいにある、茶色の2階建てのビルの2階になります。

 道順がご不明な方は、例会当日の13時10分に石神井公園駅改札前においでください。
 係の者が会場までご案内いたします。


※どなたでも参加できます。

※資料代等:200円

[問い合わせ先] 日本史史料研究会 メール(nihonshi-shiryou@zpost.plala.or.jp


日本史史料研究会
http://www17.plala.or.jp/t-ikoma/index.html

平成24年度国史学会大会・総会

期日 2012年6月16日(土)・17日(日)
場所 國學院大學 渋谷キャンパス

日程 〔第1日〕 公開講演・総会

〔第1日〕 6月16日(土)  

《 公開講演 》 13時~16時 (百周年記念館4階 百周年記念講堂)

「前近代における国家と神社 ―祭祀権と社殿造営―」
        國學院大學教授 岡田 莊司 氏

「日本近世史とアーリー・モダン・ヒストリー
         ―時代区分と比較史の可能性―」
        ハーバード大学教授 デビット・ハウエル氏

総  会   16時~17時

懇親会   17時30分~ (学術メディアセンター(AMC)1F カフェ若木ヶ丘)

   ※総会開催日が昨年度と異なります。ご注意下さい。

日程 〔第2日〕 シンポジウム・  研究発表

〔第2日〕 6月17日(日)  (国学院大学渋谷キャンパス 若木タワー5階 ・ 地下1階)

〈 研究発表 〉 13時~17時 (※第2部会は12時30分~17時15分)

第1部会 0502教室(若木タワー5階)

皇后拝賀儀礼の成立とその意義
   三輪 仁美氏

川嶋宮滝等御幸から見る昌泰年間の政治的変化と宇多上皇
   中村 和樹氏

古代の郡と郷の領域と国府の景観
 ―国府所在郡としての武蔵国多磨郡の検討から―
   江口 桂氏

広域行政としての大宰総領制
   仁藤 敦史氏

第2部会 02会議室(若木タワー地下1階)

《 シンポジウム 》 「中近世移行期の権威・権力構造」

足利義昭の栄典・諸免許授与
   水野 嶺 氏

「豊臣権威」の確立と大名支配
   堀越 祐一 氏

豊臣「公儀」の法令と儀礼
   矢部健太郎 氏

秀吉直臣団の形成―伏見・大坂の都市形成を中心に―
   曽根 勇二 氏 

 コメント : 堀 新 氏 ・ 金子 拓 氏 ・ 尾下 成敏 氏
 司 会 : 鍛代 敏雄 氏

第3部会 0509教室(若木タワー5階)

一橋徳川家における家臣団の形成過程
   田中 丈敏 氏

百姓の「家」と村役人
   榎本 博 氏

関東取締出役の百姓米穀所持調査と村落の動向
 ―天保期を事例に―
   栗原 健一 氏

第4部会 0504教室(若木タワー5階)
占領期『社寺国有境内地処分法』の起草過程
   清水 節 氏

埼玉県における農民運動家と農本主義者の接点
 ―農民自治会と農民講道館を中心に―
   黒川 徳男 氏

近代日本皇室の外交儀礼形成過程
   真辺 美佐 氏

※当日は学内にて試験実施中ですので、静穏な環境の保持にご協力ください。

鎌倉遺文研究会第181回例会

鎌倉遺文研究会次回例会の御案内


次回例会を下記の通り開催いたしますので、万障お繰り
合わせの上、ご参会の程、お願い申し上げます。


***********************************************
   鎌倉遺文研究会第181回例会の御案内

日時:2012年6月28日(木)18:00~
場所:早稲田大学文学部第2研究棟6階第7会議室
報告者:吉田俊氏
題目:中世前期の東大寺郷と寺僧
[報告者の一言]
中世東大寺の門前には、東大寺七郷と呼ばれる門前都
市が広がっていました。本報告では、寺僧がその門前
郷形成にどのような役割を果たしたのかについて明ら
かにするとともに、東大寺にとっての東大寺郷形成の
意義についても言及したいと思います。
************************************************

《事務局》〒162-8644
        東京都新宿区戸山1-24-1
        早稲田大学文学文学学術院海老澤研究室気付
        鎌倉遺文研究会
        〈e-mail〉ibun-ken-admin@list.waseda.jp
《お問い合わせ》海老澤衷
         〈e-mail〉ebisawa@waseda.jp

平成24年度宮城県考古学会総会、特集講演・研究発表会

平成24年度宮城県考古学会総会、特集講演・研究発表会

主催:宮城県考古学会  共催:宮城県教育委員会、多賀城市教育委員会

特集:「宮城県における歴史地震・津波災害-考古学的検討を今後より深めるための第一歩」
※昨年3月11日に発生した東日本大震災を受け、宮城県内でこれまで起きた歴史地震・津波災害を考古学的に考えて行こうという試みです。震災後、関心の高いテーマです。一般の方の参加も歓迎します。

★日時:5月20日(日) 10:00~17:00
【総会】 10:00~11:00
【特集:講演】 11:00~12:00
【特集:研究発表会】 13:00~16:40
★会場:東北歴史博物館3階講堂(多賀城市高崎一丁目22-1 JR東北本線国府多賀城駅下車徒歩すぐ)
★参加費:無料、資料代300円
★日程:
9:30 受付開始
【総会】対象:宮城県考古学会会員10:00~11:00 
【特集講演・研究発表会】11:00~17:00
「宮城県における歴史地震・津波災害-考古学的検討を今後より深めるための第一歩」
11:00~11:10 趣旨説明・講師紹介
11:10~12:00 特集・講演
  講演:蝦名裕一 「慶長奥州地震津波の歴史学的分析」
12:00~13:00  昼食休憩
13:00~16:50  特集:研究発表
13:00~13:30  
  研究発表:相原淳一 「縄文時代における古津波堆積層」
13:30~14:00  
  研究発表:菅原弘樹 「宮戸島の震災履歴」
14:00~14:30    
  研究発表:斎野裕彦 「仙台平野の弥生時代・平安時代の津波痕跡」
14:40~15:10
  研究発表:柳澤和明「発掘調査成果からみた貞観11年(869)陸奥国巨大地震・津波の被害と復興」
15:10~15:40
  研究発表:松本秀明 「2011年東北地方太平洋沖地震に伴う津波堆積物と古津波」
15:50~16:50  討論:司会 藤沢敦・佐久間光平
16:50~17:00  閉会行事
【懇親会】 17:30~
 会場:ホテルキャッスルプラザ多賀城
 会費:一般4,000円 学生3,000円(要申し込み、当日申し込み可)
 連絡先:宮城県考古学会 企画幹事会 芳賀英実
     電話070-5478-3485

鎌倉遺文研究会第180回例会

次回例会案内

次回例会を下記の通り開催いたしますので、万障お繰り
合わせの上、ご参会の程、お願い申し上げます。

***********************************************
   鎌倉遺文研究会第180回例会の御案内

日時:2012年5月24日(木)18:00~
場所:早稲田大学文学部第2研究棟6階第7会議室
報告者:長村祥知氏
題目:木曾義仲の発給文書
[報告者の一言]
本報告では、木曾義仲の発給文書を概観すると共に、
特に西海の平家追討時の状況と、未紹介と思われる彼
の発給文書について考察したいと思います。
************************************************

《事務局》〒162-8644
        東京都新宿区戸山1-24-1
        早稲田大学文学文学学術院海老澤研究室気付
        鎌倉遺文研究会
        〈e-mail〉ibun-ken-admin@list.waseda.jp
《お問い合わせ》海老澤衷
         〈e-mail〉ebisawa@waseda.jp