記事一覧

鎌倉遺文研究会第215回例会

次回例会案内

次回例会を下記の通り開催いたしますので、万障お繰り
合わせの上、ご参会の程、お願い申し上げます。

*****************************************************
   鎌倉遺文研究会第215回例会の御案内

日時:2015年11月26日(木)18:00
場所:早稲田大学39号館4階第4会議室
報告者:稲垣伸一氏
題目:五山派禅宗寺院における喝食の編成と動向
    [報告者の一言]
 中世禅宗寺院では大陸から新たな寺院組織が導入され、独自の
僧階を整備していく。その僧階の最末端に位置するのが喝食であ
り、彼らは得度・剃髪・受戒を遂げていない半僧半俗の存在であ
る。喝食は、武家や公家の子弟が禅宗寺院に入寺していくことに
より、禅宗寺院と出自の一族を結び付ける架け橋となった一方で、
室町幕府下での政治的事件にも度々登場する。しかし、先行研究
において喝食を取り扱った専論は少なく、室町期の禅宗寺院にお
ける華美・男色の象徴という一面的な評価に留まっていた。そこ
で、本報告では、禅宗寺院と世俗社会をつなぐ接点であった喝食
の寺内での動向や幕府・守護などの世俗権力との関係性を検討す
ることで、主に室町期における禅宗寺院が中世後期社会で担った
役割の一側面を明らかにしたい。
*****************************************************

《事務局》〒162-8644
      東京都新宿区戸山1-24-1
      早稲田大学文学学術院海老澤研究室気付
      鎌倉遺文研究会
     〈e-mail〉ibun-ken-admin@list.waseda.jp

※入会希望の方は上記の事務局までハガキまたは
 メールにてお知らせ下さい。会費は3000円(ハガキに
 て例会通知を受け取りたい方は3500円)です。振り込
み口座(貯金事務センター)は下記の通りです。
 〈00140-5-14681 加入者名:鎌倉遺文研究会〉

  《お問い合わせ》海老澤衷
  〈e-mail〉ebisawa@waseda.jp